株式情報-注目銘柄

(昨日の米国株式市場は、政府による不良資産買い取り機関(バッドバンク)構想・金融安定化対策発表や景気刺激法案成立等の遅れから来る不透明感や米商務省が発表した12月の個人消費支出が6カ月連続で減少し、景気悪化からの消費の冷え込みが続いてる事、そして相次ぎ発表される冴えない企業決算をも嫌気してダウは続落、S%P500は小幅続落しました。ナスダックは政府の景気刺激策のハイテク企業受ける恩恵への期待感から買い優勢の反発となりました。

商品先物市場。
NY原油▼急反落3月限1.60ドル安40.08ドル引け、NYガソリン▼急反落、灯油▼急反落。

NY金▼急反落4月限は前日比21.2ドル安の907.2ドル引け、NY銀△大幅続伸、白金▼反落、パラジウム△大幅続伸。

ロンドン金属取引所LMEアルミ△急反発、LMEニッケル△反発。

シカゴ穀物:大豆▼急反落、コーン▼大幅続落、小麦▼続落。

粗糖・コーヒー:NYコーヒー△小幅反発、NY砂糖△小幅続伸。

為替
ドル/円は、米商務省が発表した1月米ISM製造業景況指数が35.6、予想 32.6と市場予想を上回った事を好感され90円近くまでドル買いが進みましたが、ダウが続落もあり上値が重い展開となり89円台半ばでの値動きとなりました。)

>昨灯Nl捨蕪ト克梠兜ェ

■皆様お早う御座います。
本日も宜しくお願い致します。

()

本日寄付き前の外資系証券13社の注文動向
売り2090万株 買い1660万株
差し引き430万株の3営業日連続売り越し観測。

昨日の米国株式市場。
NYダウ工業30種7936.83(-64.03)
ダウ輸送株20種2908.67(-57.02)
S&P総合500種指数825.44(-0.44)
ナスダック総合指数1494.43(+18.01)
フィラデルフィア半導体株価指数210.52(+2.26)
シカゴ日経平均先物12月限(ドル建て)7890(+20大証終値比)
シカゴ日経平均先物12月限(円建て)7815(-55大証終値比)
2009年02月03日08時23分

■2日(月)の株式市場。

()

2日(月)の株式市場。

日経平均7873.98(-120.07)
TOPIX777.85(-16.18)

東証1部 値上がり数497 値下がり数1101

日経ジャスダック平均1062.21(-9.07)
東証2部指数1881.39(-10.02)
東証マザーズ指数335.62(-4.07)
へラクレス指数 496.92(-6.69)
2009年02月03日07時33分

■食糧・水産関連株。
1301 極洋 水産・農林業
199円 (±0円)

連日記載しています。

先週末、第3四半期決算が発表され、前年同期比増収・増益、併せて通期業績予想も発表され同様に前年同期比増収・増益見込みと好調業績から、全体相場大幅続落の中でもしっかりした値動きを継続してます。
2009年02月02日14時51分

■リチウムイオン電池 低位新エネルギー関連株。
4208 宇部興産 化学
202円 (+4円)

電解質を混合したリチウム電池(一次、二次)向け電解液及びコンデンサー用電解液、又リチウム電池(一次、二次)のセパレータに欠かせない素材のポリオレフィン多孔フィルム等を手掛けており、新エネルギー素材関連かぶとして追ってゆけますね。

何れ見直し買いも入ってくるでしょうね。
2009年02月02日14時35分

■太陽光発電・燃料電池関連株。
大幅売り長、逆日歩付き。
7245 大同メタル工業 輸送用機器
323円 (+7円)

連日記載しています。

逆行高の高値更新です。

国内外の新エネルギーへの取組みが強化されるなか、関連銘柄として派手な動きは有りませんがしっかりした値動きを続け続伸です。

太陽光発電関連に於いて、集光パネル面積ならシリコン太陽電池に比べ2倍程の発電が出来る光式太陽光発電装置や燃料電池教材セット手掛ける等新エネルギーの同銘柄。主力事業が自動車関連のこともあり、値動きも静かですが、着実に下値を切り上げてきてます。

何れ新エネルギー関連株として見直し買いもしっかりしたものになってくるでしょうね。

日証金30日速報貸借倍率0.13倍と大幅売り長、逆日歩付いて需給妙味も有ります。
2009年02月02日14時07分

■三菱系機械商社。
新エネルギー関連株。
8061 西華産業 卸売業
210円 (±0円)

全体相場大幅続落の中、低位材料株とししっかりした動きを継続してます。

三菱系機械商社の同社は重化学工業プラント向け設備・製品や計測機器・システムそしてエネルギー関連として注目される原発・火力・水力・地熱及び風力発電・コージェネレーション発電設備・燃料電池発電設備等を手掛け低位エネルギー及び新エネルギー関連株として見直し買いも入ってきてますね。

目立ちませんが徐々に下値を切り上げてきてますね。

低位材料株です。
2009年02月02日13時56分

■原発関連株。
売り長、逆日歩付き
6333 帝国電機製作所 機械
1187円 (+17円)

お馴染みの銘柄です。

小幅ながら反発です。

同社は、完全無漏洩のテイコクキャンドモータポンプをはじめ関連商品は石油化学プラント、ファインケミカル、医薬・食品業界、原子力発電所、変電所等で使われており、JR新幹線では同社の車両用ポンプが100%採用されてます。

信用倍率0.62倍と売り長、逆日歩付いて取組みも良いです。
PER11.24倍 PBR0.89倍と一倍を割れ 割安感も有りますね。

相場環境が落ち着きを取り戻せば見直し買いも強くなり株価の居場所も変わってくるでしょうね。
2009年02月02日13時43分

■三菱系、プラント・環境・機械関連株。
原発関連株。
6331 三菱化工機 機械
236円 (+7円)

逆行高の反発です。

先週末30日に第3四半期決算が発表され当期利益こそ50%の減益となりましたが、売上高、営業利益、経常利益は前年同期比大幅増収・増益となりました。

プラントでは都市ガス、石油、水素、硫黄回収等のエネルギー関連と医薬、食品関連及び一般化学工業用装置・設備を手掛け、環境事業では、下水、産業排水、産業廃棄物、排ガスの各処理設備及びリサイクル施設の建設を手掛け、機械事業に於いては三菱油清浄機を中心に、原発関連機器等、高機能各種単体機器を手掛ける等、幅広い事業展開をする低位材料株です。

水素ステーション等新エネルギー関連としても注目して行けますね。

大崩しないで徐々に下値を切り上げてきてます。

日証金30日貸借倍率0.73倍と売り長で需給妙味も有ります。
2009年02月02日13時21分

■海運大手。
9104 商船三井 海運業
556円 (+29円)

先週末、2009年3月期の業績下方修正を発表し売られてた同銘柄も中国関連株として急反発となってます。

バルチック海運指数上昇基調も株価の下支えとなってるようですね。
2009年02月02日13時12分

■建設機械大手。
中国関連株。
6305 日立建機 機械
925円 (+20円)

逆行高の反発です。

中国温家宝首相が昨年の景気刺激策に続く経済対策検討をしてる事を表明し、これを刺激材料に中国関連銘柄が堅調な動きとなりました。
2009年02月02日13時01分

■内需・食料品、ディフェンシブ株。
大幅売り長、逆日歩付き。
2875 東洋水産 食料品
2555円 (+160円)

外部環境悪化から輸出主力株が軟調の中、先週末引け後09年3月期単体業績予想上方修正発表し、これを好感し逆行高の反発となってます。

信用倍率0.21倍と大幅売り長、逆日歩付いて需給妙味もあります。

上方修正を受け、ゴールドマン・サックスが投資判断「買い」を継続 目標株価3200円から3300円に引き上げてます。
2009年02月02日12時44分

■食糧・水産大手。
1332 日本水産 水産・農林業
230円 (+4円)

こちらも買い優勢の反発です。
2009年02月02日12時39分

■食糧・水産大手。
1334 マルハニチロホールディングス 水産・農林業

149円 (+4円)

外部環境悪化から業績堅調・食糧関連、ディフェンシブ性の同銘柄は逆行高の反発です。

日証金30日速報貸借倍率0.89倍と売り長で需給妙味も有ります。
2009年02月02日12時30分

■農薬品・医薬品・機能性化学品等農業関連株。
4041 日本曹達 化学
366円 (+23円)

農業関連等材料株として農薬も手掛ける化学メーカーの同銘柄は堅調な値動きをしてます。


日証金30日速報貸借倍率0.20倍と大幅売り長で需給妙味も有ります。

PER8.97倍 PBR0.77倍と 割安感も有ります。
2009年02月02日11時00分

■石油元売。大幅、再上方修正。
大幅売り長、逆日歩付き。
5012 東燃ゼネラル石油 石油・石炭製品
889円 (+14円)

連日記載しています。

続伸です。

石油関連株が堅調の中、29日に2008年12月期連結決算を大幅、再上方修正を発表した同銘柄も買いが続き続伸です。

業界再編も燻っており今後の動きが注目されますね。

信用倍率0.10倍と大幅売り長、逆日歩付いて需給妙味も有ります。
2009年02月02日10時46分

■石油元売大手。
5001 新日本石油 石油・石炭製品
424円 (+26円)

先週末30日に通期予想、当期利益を230億円から2400億円に下方修正した同社も原油先物反発、40ドル台で底固く推移してる事から、直近悪材料出尽し感から、買戻し、見直し買いから急反発となってます。

日証金30日速報貸借倍率0.98倍と拮抗して取組みも良いです。
2009年02月02日10時36分

■石油元売大手。
太陽光発電主力株。売り長。
5002 昭和シェル石油 石油・石炭製品
913円 (+59円)

原油先物反発、石油製品続伸を受け、石油関連株が堅調の中、先週末通期予想90億円の黒字予想を発表した同銘柄も反発戻り高値更新です。

何れ太陽光発電システム主力株としても見直し買いも出てくるでしょうね。

信用倍率0.47倍と売り長、逆日歩付いて需給妙味もあります。
2009年02月02日10時29分

■大手総合商社。
8053 住友商事 卸売業
858円 (+27円)

金融システム、株式市場が落ち着きを取り戻してくれば、多岐に渡るビジネスを行う総合商社へも見直し買いの動きもしっかりしたものになってくるでしょうね。
2009年02月02日10時14分

■大手総合商社。
8031 三井物産 卸売業
984円 (+24円)

資源依存比率が高く、総合商社の中では資源権益が最も大きい同銘柄も反発です。
2009年02月02日10時10分

■大手総合商社。
8058 三菱商事 卸売業
1235円 (+14円)

金、銀等貴金属先物大幅続伸、原油先物反発等から商品先物市場に敏感な総合商社は反発となってますね。
2009年02月02日10時08分

■ネットワーク大手。売り長。
次世代ネットワークNGN関連。
7518 ネットワンシステムズ 卸売業
163600円 (+4800円)

連日記載しています。

続伸です。

内需・業績好調、無借金経営等からディフェンシブ性もあり、崩れないで値を保ってました。

次世代ネットワークNGN関連事業が好調の様ですね。

信用倍率0.32倍と売り長で需給妙味も有ります。
2009年02月02日10時01分

■鉄骨・橋梁大手。
新エネルギー関連株。
5915 駒井鉄工 金属製品
206円 (+5円)

連日記載してます。

続伸高値更新です。

高度経済時代に作られた道路・橋梁の修繕・補修が急務と指摘される中、橋梁大手の同社はインフラ関連として又風力発電事業も手掛け新エネルギー関連として強い値動きを続けてます。

小型株ですので値動きが良いですね。
2009年02月02日09時51分

■金属、鉄骨・橋梁大手。
5913 松尾橋梁 金属製品
100円 (+3円)

低位、内需・インフラ関連株として動意てますね。
2009年02月02日09時47分

■低位太陽光発電関連株。
8007 高島 卸売業
149円 (+3円)

連日記載しています。

続伸です。

外部環境悪化、為替も円高に振れ主力株が手掛け難い中、新エネルギー低位株として買い優勢の続伸となってます。

本年1月13日から住宅用太陽光発電補助制度が始まり、又国内外で新エネルギー事業が推進され等、テーマ関連銘柄として動意付いてました。

同社は従来の太陽光発電システムでは困難だったテントシートを使った場所にも設置可能な、太陽光発電パネルと一体化したテントシートを手掛ける低位太陽光発電関連株です。
2009年02月02日09時44分

■構造物補修大手。
売り長・逆日歩付き。
1414 ショーボンドホールディングス 建設業
1884 (-14円)

連日記載しています。

外部環境悪化、為替が円高に内需、振れる中、材料株として崩れる事なくしっかりした値動きを続けてます。

高度経済成長時代に建設された、高速道路・橋梁の劣化が指摘される中、直近、内需・インフラ関連株が動意付く中、道路・橋梁等コンクリート構造物補修大手の同社も関連銘柄として見直し買いが続いてます。

信用倍率0.36倍と売り長、逆日歩付いて需給妙味が有ります。
2009年02月02日09時35分

■セメント、銅、金等三菱系非鉄金属株。
太陽電池関連株。
5711 三菱マテリアル 非鉄金属
224円 (-5円)

お馴染みの銘柄です。

金関連として大崩しないで底固く推移してます。

多結晶シリコン・柱結晶シリコン等他、太陽電池向け製品も手掛け、太陽電池関連株としても追って行けますね。

低位材料株です
2009年02月02日09時17分

■ニッケル・銅・金等非鉄総合大手。
5713 住友金属鉱山 非鉄金属
847円 (-9円)

全体相場大幅下落の中、金等非鉄総合大手の銅銘柄は下げ渋りながら値を保ってますね。
2009年02月02日09時12分

■金等貴金属リサイクル大手
7456 松田産業 卸売業
850円 (-6円)

金等貴金属先物大幅続伸から貴金属リサイクルの同銘柄も崩れる事なく底固く推移してます。
2009年02月02日09時05分

■金ETF
1326
()

こちらも買い気配となってますね。
2009年02月02日09時03分


次のページ


当ホームページは投資情報の提供を目的としたものであり、最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。また当ホームページで提供している情報には万全を期しておりますが、内容を保証するものではありません。当ホームページが提供する情報により発生した損失についても当社は一切の責任を負いません。